サイクリング 釣り 趣味
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブリを求めて三千里

夢は自転車で釣ったブリをお持ち帰りすること

【振り返り】僕が大学生活で得たことって。。

【振り返り】僕が大学生活で得たこと(学んだこと)って。。

こんにちは!!コヤワタルです。

タイトルにもあるように2017年3月に卒業する僕が大学生活で得たこと(学んだこと)を

簡単にまとめてみました。

嬉しいことにブログ無知野郎である僕のブログを世界中で少なくとも毎日1人は見てくださっているので、、笑

その70億人分の1人の方に今の大学生が大学でどのようなことを得ているのか知っていただければなと思います。(ながーーいツイートやと思って見てやってください)

ちなみに僕は4年制大学に通い、学内の部活動に所属し、学外ではNPO法人に所属していました。

今の立場でしか思えないこと、考えることのできないことを書いてみたく

今回のテーマにしてみました!!

※2017年3月時点

 

 

結論

早速ですが、結論からお伝えします!!(結論から話すことのメリットは大学で学んだことの1つです。笑)

僕が大学生活で得たこと(学んだこと)、、

『人とのつながり・お金の重要性・社会の厳しさ・理想と現実・SNSのリアル・断る勇気・親への感謝...etc』

↑いざピックアップしてみるとキリがありませんでした。

一方で、、大学の勉学面で自分のためになったことはほぼ皆無でした。。

僕の中では事実です。(ごめんなさい、教授。泣)

以下、学びの度合いが大きかったことを紹介します!!

 

人とのつながり

厳密にいえば卒業後も大切にしていきたいと思える人たちとの出逢いです。

よく大学生活では広く浅くの人間関係になるといわれています。

その言葉通りの人間関係の構築をしていたと今振り返れば思います。

が、それに伴って、今後も大切にしていきたい人たちとの出逢いも多くありました。

言い換えれば、数は少ないですが、なんでも話せる友達ができた。と言ったところです。

これは僕にとっての数少ない財産となりました!泣

 

 お金の重要性

これは大学生活で最も痛感したことです。

入学前までは、「世の中は金」という考えを持つ人は心が寂しい人だ!と、高校生ながらに

思っていました。(本当に綺麗な心でした。笑)

しかし、大学生活が始まり、よし遊ぶぞ!と思っていても、、

お金がないので何もできないんです!笑

当たり前のことですが、それをいたるところで痛感しました。

ってなわけで入学して1ヶ月後にアルバイトを始めました。牛丼屋さんです。

結論(←出ました!笑)、今は「世の中は金」側の人間になってしまいました。。笑

振り返れば、この4年間、お金のない4年間でした。笑

1年は憧れのクロスバイクと釣竿を買うためにお金を節約しながら貯めて、購入。

 2年目は憧れのロードバイク(今のロードです)を買うためにお金を節約しながら貯めて、購入。

大きな買い物をする以外には旅行、部活動費、飲み会、やりたいことに対してとにかく散財していました。

おいおい、、趣味に生きた4年間やったな。。心なしか、良い4年間だと思ってしまいました。笑

 

最後に、、独り言。。笑

ここからは1大学生の意見です。

完全な大学生活への未練です、わがままです。笑

いきなりですが、僕は大学4年の年収が120万円でした。(103万を余裕で超えました。泣)

充実した大学生活を送るために始めたアルバイトでは多くのお金を稼ぐことができました。

が、一方でアルバイトのため時間が少なくなり友達の誘いを幾度となく断ったり、

憧れの海外旅行、留学も断念したりしました。

ロードバイクを買ったことはロードバイクで四国一周をしたいという目標を叶えたいと思ったです。結局は出来ずじまいでした。

本当にお金と時間が無ければ何も出来ません。

要領が悪いと言われれば何も言えません、、笑(おっしゃる通り!!泣)

 

アルバイトで120万稼ぐ学生は僕の周りではそうそういませんでした。

そんなお金の多い学生でしたが、まだまだやりたいことはたくさんあります。

学生生活の間に自分の目標を叶えるためにアルバイトでお金を稼いでいたにもかかわらず、

結果的にはアルバイトで自分の時間がなくなり、やりたいことも中途半端に断念していました。

このような大学生は全国に山ほどいると思います。

僕は大学生にはよりお金にゆとりができるような制度やシステム作りをしてほしいです(本当に勝手なわがままです。すみません。)

そうすることでより濃い経験をした学生が世の中に増えて、人間力の高い面白い学生が増えると思います。

ギャンブル好きな学生はすぐ台にそのお金を吸い込ませることでしょう。そういった人はそれなりの色味のない味気ない学生生活になるはずです。社会に出てもしくは数年後に気付くことでしょう。

それはそれで経験だと思うんです。20歳前後でしょうもなかった自分に気付くことは大きな成長だと僕は強く思っています。

中には学費、生活費を全てアルバイトで賄っている学生もいます。

僕の周りにも何人かいました。なんとかして一緒に多くの濃い経験をしたかったのですが、、「世の中は金」です。

何も出来ません。見守ることしかできませんでした。

そんな学生を1人でも少なくしてほしいなと思います。日本経済が成長して、大学生に国からお金が支給!なんて日が来るように

1社会人としてフルパワーで働いていきます。そんな日がくれば僕は幸せです。

 

 

今回は今の立場だからこそ思えることを書いてみました!

まだまだ伝えきれていないことあるので、また書こうかなと思います。

以上、ながーーいツイートでした!!笑

またサイクリングフィッシングします!

自転車でブリ持って帰るぞーー!!笑

ありがとうございました!!

 f:id:jmknp03106:20170308222019j:image

佐田岬行きたいです。。